バイクでうろうろ 湯道楽 風呂グ!

湯巡り徒然
銭湯記・兵庫県姫路市・白浜温泉
広畑でなつかしい人に会った後は、定番の風呂探索が始まりなんですが
「新鶴湯」に残念ながらたどり着けず、山陽電鉄夢前川駅より大阪方面に向かいます。その後、乗り換え駅である飾磨駅で情報を仕入れ、21:00前まで梅田直行特急が停車します白浜の宮駅に下車しました。

f0097493_2433367.jpg


銭湯データ

施設名   白浜温泉
住所    姫路市白浜町甲840-10
電話番号  (079)245-0375
営業時間  16:30~20:30まで(事情により早仕舞いもあり)
定休日   水・日曜日

駐車スペース 可


f0097493_492546.jpg


駅から海側の階段を下り、お寺が幾つかある道を下ります。
しばらく行くと「松原八幡宮」
歴史のある神社らしく荘厳な楼門がみごとです。
境内から声がしています。なんやろと覘いて見ましたら沢山の子供が遊んでいましたよ。堺にも神社が色々ありますが、最近こんな光景を見る機会が少ないので、チョビット癒されます。

f0097493_416431.jpg


広い道に出て、水路のある道に曲がり少し行き橋を渡ると
「白浜温泉」さんの裏手、煉瓦造りの浴室がゲキ渋!
なぜが大阪三国にありました「双葉温泉」さんを思い出しました。

f0097493_4203167.jpg


表の屋号は判別不能

f0097493_4211366.jpg


おかみさんお手製の「絵手紙」が御迎えしてくれました。

f0097493_4221070.jpg


下駄箱はデコラタイプですが、年季が感じられる上がり框がこれまた渋い!

f0097493_4251969.jpg


脱衣所内は、デコラ番台に同じくロッカー
天井は格天井になっていて天井扇一つ

実は、番台にはだれもいなかったので、先客に尋ねたら
「そのうち出てくるから」と即され、そのまま入浴となりました。

f0097493_429535.jpg


浴槽種類はシンプルで、浅・深浴槽に各ジェット噴出口一つ
他にはぬる湯の電気風呂、奥の個室はミストサウナだったらしいのですが、現在使用中止になっていました。
他の特徴としましたら、奥壁の富士山のタイル絵と白・黄ケロリンの湯桶
当日はカラン湯がぬるく、結局湯船の湯を汲みだし洗い
だけど浴室がさっきからケムイんですが・・・・

f0097493_515289.jpg


風呂から上がってイップクしていると、やっとこさ「いらっしゃいませ」の声と共におかみさんが登場!脱衣所の張り紙にも書いてあったのだが、どうもボイラーの湯温がなかなか上がらないらしく、せっせと薪をくべてたらしい、お疲れさまでしたと風呂銭の支払い。

その後色々お話していただけまして、30年位前には近隣に10軒の銭湯があったらしいのですが、市営住宅の高層化や住宅事情が変化していって次々に廃業、現在白浜地区の銭湯はここだけになってしまったそうです。だけど、こちらも最近ボイラーの調子が悪く、なんとか湯が沸かせるまで営業を続けるそうですが、なんせ機械なんでいつどうなるかと心配されています。せめて冬至用に「ゆず」をすでに仕入れているらしく、お客さんに「ゆず湯」をふるまえたらとおっしゃっていました。

f0097493_5204720.jpg


話込んでいましたら、女湯のお客さんが切れたので
「女湯見て行く」と招きいれていただきました。

f0097493_5223190.jpg


一通り撮影を済ましまして男湯に戻ろうとしていたら娘さんに遭遇!
おかみさんと一緒でしたんで「チカンやのぞき魔」に間違えられる事はなかったのですが、少々笑われてしまいました。
お願いや~!
ツイッターで「のぞき魔遭遇ナウ」なんてつぶやかんといてなw。

f0097493_532098.jpg


明るい娘さんと、感じのいいおかみさんに送られ
「白浜温泉」さんを後にします。

f0097493_5393310.jpg


ほんまにおおきにです。
今回立ち寄ったかいがありました。
出来れば又入浴したい銭湯ですので、次がある事を願っています。
[PR]
by yudouraku | 2011-12-17 02:50 | 銭湯記
<< 入浴記・三重県伊賀市・伊賀の湯 お散歩・兵庫県姫路市網干区をうろうろ >>


by 北河内
お断り
  • 紹介しています施設情報などは、入浴した時の情報になりますので現時点では変更になっている場合があります。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
リンク
検索
その他のジャンル